本文へスキップ

英会話を楽しもう。ネイティブ・イングリッシュ・コミュニケーション。Rivulet Language Center英語教室

049-233-9998

〒350-0816
川越市上戸296-2,2F

小学低学年クラスkiz class

文字と発音を結びつけるPhonics

音と文字のルールを知ることが英語上達の近道
子どもの覚えようとする力を、引き出すRLCのメソッド
  • 単語が聞けた
  • 単語を話せた
  • 意味が通じた
  • 相手が理解した
  • 会話ができた
  • 心が通じた

小さな感動の連続が覚える楽しさを引き出します。
そして、くじけそうな気持を奮い立たせ、乗り越える力になっていきます。

英語は、小さな子どもでさえ音と文字のルールさえ理解できると難しい本も、読めるようになります。書かれている意味を知るのは・・・難しいことなのですが、文章を読むことはできます。
日本語は、「ひらがな」ならば読むことができるのですが、漢字交じりになると難易度が極端にアップしてしまいます。
そのため、「文字」を知り
「読み方」知り
「意味」を知って
ようやく「書く」ことを知るようになります。
日本語はたくさんのステップを必要とします。
英語は、「読める」ことが「書ける」と直結しています。

フォニックスのルール

アルファベットの「音」と「文字」の関係つまりフォニックスのルールを学ぶことが英語上達の近道です。
英語の場合、文字が26文字だけです。
この26文字をグループ分け(= Phonics)し、関連性を理解すると、どんどん読めるようになってきます。
読めることは、書けることにつながります。

子どものころ覚えた自転車の乗り方、大人まで持続

一度覚えた「コツ(メソッド)」は大人になっても忘れません。
フォニックスのルールを身につければ、しばらく英語から遠ざかっていてもきっと大人になっても忘れはしないでしょう。
水泳、自転車、けん玉…子どものころに習得した技は、(少々腕が鈍っていたとしても)大人になっても忘れません。

文字が分かって、耳の感度が高いときがチャンスです

幼稚園から小学低学年のころは、文字の形を理解し、意味と関連付ける能力が極端に高くなる時期です。
もちろん耳の高い感度も持続しています。
乾いたスポンジのように、なんでもかんでもドンドン吸収する時期です。
この年頃がチャンスです。

当センターでは英語は英語で学び『聴く』『話す』『読む』『書く』という基本となるスキルの習得を目指しています。

担当の講師はニュージーランド出身のTeacher Alex(アレックス)です。

Alexは、ケンブリッジ大学が実施しているESOL(English for Speakers of Other Languages)を取得しています。

ネイティブ・イングリッシュによる授業で『聴く』『話す』は自然に身に付くようになります。

  • 『読んだこと』を『話す』

  • 『聴いたこと』を『書く』

  • 『話したこと』を『書く』

  • 『書いたこと』を『読む』

繰り返し学習することで、英語コミュニケーションが会得されると同時に、
基礎がしっかりと身について、自信につながり、どんな試験・資格習得にも対応できる力となってきます。

※英検などの面接にそなえ、面接練習も学習項目として予定しています。

無料見学

無料体験

気軽にお申し込みください


リヴュレット・ラングイッジ・センター英語教室
〒350-0816 川越市上戸296-2,2F
TEL.049-233-9998


information

リヴュレット・ラングイッジ・センター英語教室

〒350-0816
川越市上戸296-2,2F
TEL.049-233-9998

お問い合わせ